「スマホ銀行」で使いやすく

iPhoneやアンドロイド携帯など、スマートフォンの普及が急拡大しています。スマートフォンが普及するにつれて、各銀行のサイトもモバイルサイトを強化し、独自のアプリを開発しています。中でもじぶん銀行が特に「スマホ銀行」として知られています。

今後はネットバンクもパソコンからスマホなどの携帯端末、つまり、モバイルへと移行することは明らかですが、実際は、利用者の使い勝手がいいアプリの開発・提供は遅れているのが現状です。

今後は、EdyやSuicaなどの電子マネーへの入金(チャージ)がより便利になったり、スマホ端末にデビッド機能を組み入れることで、レジでかざすだけで決済ができるようになるなど、その将来性は明るいと言えます。ますます、スマホ銀行が注目を浴びること間違いなしです。これまでは携帯電話を利用したネット銀行のサービスが、スマホ銀行が主流となる可能性大なのです。

中でもじぶん銀行においては、スマホ対応銀行アプリである銀行専用アプリをダウンロードしたり、銀行のサイトにアクセスすることでスマホで利用することができます。そのため、じぶん銀行はスマホ銀行と呼ばれています。スマホでは主に振込、残高照会、定期預金などのサービスができ、また、スマホは、携帯電話に比べて操作が早くできますので、銀行サービスを利用すれば、わざわざ銀行ATMに行く必要がなくなります。

更に、おサイフケータイ機能がある場合、スマホから電子マネーに入金可能になりますので、今後、そのようなシステムの導入がスマホにあるかもしれません。一方で、例えばじぶん銀行のようなスマホ銀行に対して、セキュリティを不安視する向きもあり、また、スマホ銀行の利用は、パソコンでの自宅での利用に制限されることなく、外出先でも気軽に行える反面、スマホが盗難されたり、パスワードや暗証番号を入力しているところを盗み見られるショルダーハッキングの危険性が高まります。今後、セキュリティに万全を期したアプリの開発に期待したいです。

おサイフケータイ機能についての説明HPです。【ASCII.jp:おサイフケータイ10の疑問 (1/3)|シリーズ【疑問】

▲Page Top
Copyright (c) 2013 「スマホ銀行」でおなじみのじぶん銀行とは All Rights Reserved.
Template by 片恋ブラオ